フィアスホームで建てた人のブログまとめ

フィアスホーム キャプチャ

フィアスホームを検討中の人に読んでほしい参考ブログ

フィアスホームの会社概要

社名株式会社LIXIL住宅研究所(フィアスホームカンパニー)
本社所在地東京都江東区亀戸1丁目5番7号 錦糸町プライムタワー
累計建築戸数16万戸以上(2018年3月時点・連結)
設立2002年3月12日
代表者代表取締役社長 近藤 正司
資本金12億5000万円(連結)
従業員数200名(2017年・連結)
事業内容住宅FCカンパニーの運営etc.
売上高266億6600万円(2019年3月・連結)
営業利益9億5300万円(2019年3月・連結)
拠点数北海道・九州・沖縄除く全国

フィアスホームの特徴

フィアスホームは《アイフルホーム》などと同じく、住宅機器大手のLIXILグループのLIXIL住宅研究所が運営する高性能住宅専門の注文住宅ブランドです。高気密高断熱を重視しつつも、自然の採光や風通りを活かす「パッシブ設計」を重視した家づくりを行っています。全館空調システムのような人工的なモノに過剰に頼らない生活を意識した家づくり。これに賛同される方にとっては魅力的なハウスメーカーではないでしょうか。では、フィアスホームは具体的にどんな特徴で、どんな性能なのか、価格についてはどうなのか、みなさんが気になりそうな要点を、ブログ主の調べた範疇ですがまとめたいと思います。

住宅業界屈指の高気密高断熱住宅

フィアスホームは高気密高断熱に注力した家づくりを行っています。在来工法に加えて、フィアスホームオリジナルの高性能パネルを採用。この高性能パネルは樹脂系断熱材と構造用パネルを一体化させた「eパネル」で建物を包み込む事で住まいの基本性能を大きく向上させています。フィアスホームの上級グレード商品「アリエッタDS」は、断熱材に熱伝導率0.020のネオマフォームを採用する事で住宅業界屈指の高断熱を実現。断熱性能の高さを示すUA値(外皮平均熱貫流率)では「UA値0.27」、気密性を現すC値では「C値0.43」と公表しています。

自然を感じるパッシブ設計

フィアスホームでは環境を重視した家づくりを行っています。「パッシブ設計」と呼ばれる自然を感じる設計を重視しており、なるべく冷暖房機器に過剰に頼らない生活が出来る家を目指しています。太陽の光や熱、風などを感じられる家は住み心地も家族の健康も、そして環境にも優しい家づくりと考える事が出来るでしょう。

グレードの高いLIXIL製品

フィアスホームは住宅設備大手のLIXILグループの一員なので、LIXIL製品を安く仕入れる事が出来ます。なので洗面台やキッチン、バスやトイレなどは全て高品質なLIXIL製品で統一する事が出来ます。特にLIXIL製のキッチンは機能性とデザイン性が両立していて、とても評判も良いです。キャビネットの高さを身長に合わせて細かく変更出来ますし、人造大理石の形状が豊富だったり、とにかく理想のキッチンをつくりあげる事が出来そうです。家の中心にあるのがキッチンですから、家づくりで一番拘りたいポイントかもしれませんね。

高級注文住宅と比肩する住宅性能で価格も割安

フィアスホームの基本モデルとなる「アリエッタ」の平均坪単価は50万円~65万円あたりがボリュームゾーン。上位グレードの「アリエッタDS」の場合は+5万円程度、坪単価が高くなるようです。
ローコスト住宅よりも高性能な住宅を求めている方にとっては中々コスパの良い選択になるのではないでしょうか。というのも、家の性能だけを見れば、高級注文住宅に比肩する性能を有していますので、費用対効果は大きいと見る事も出来ると思います。

フィアスホームと、人気ハウスメーカーを性能比較して勉強しよう!

フィアスホームの注文住宅は1から設計しますから、マンションのように内見をして買うことが出来ません。
気になっているハウスメーカーの特徴や外観など、それに似たライバルハウスメーカーや工務店と比較検討することで、性能(耐震・省エネ・断熱・気密性)の差、キッチンやお風呂などの水回り設備、耐久性(お家の寿命やメンテナンス)や価格の違いに気づけるようになります。

新築マイホームを注文住宅で建てるにあたっては、特にお勉強と比較が絶対に必要です。

お勉強や比較を怠ってハウスメーカーの言いなりで新築マイホームを建ててしまうと、後から知って後悔する事が沢山あります。特に価格面でライバル会社を引き合いに出さないとハウスメーカー側の希望価格で契約してしまう事態を招きます。これは1社しか検討しなかった人と、しっかり比較して交渉した人とでは数百万円の差(ディスカウント)が生じます。

それに、マイホーム失敗談を書くブログやオーナーさんの不満点として、住宅性能と価格面、ランニングコストが大部分の割合を占めています。

注文住宅の失敗ランキング
・1位:夏暑い/冬寒い(断熱・気密性能が悪い)※致命的失敗
・2位:光熱費が高い(省エネ・断熱・気密性能が悪い)※改善の余地あり
・3位:メンテナンス頻度が多い(外壁性能が悪い)※要リフォーム

トップページにもこれでもかと書いてある上記の失敗内容ですが、大切なことなので少しだけ…。
住宅性能の中核である断熱性能と気密性能は、そこに住むご家庭の毎日の快適性に直結する大変重要な性能。
簡単に言えば、室外の熱や寒気を遮断し、室内の暖かさや冷房を外に逃がさないのが断熱性能。同じく住宅の隙間から熱や寒気を入れたり出したりせず、密封されているかが気密性能。

外壁と内壁の間に施工する技術ですから、一度建ててしまえば後から直すことが出来ません。折角作った壁をすべて壊して作り直さなければいけないのです。断熱性能は熱損出係数(C値)、気密性能は住宅の相当隙間面積(Q値)で数値として表わすことが出来ます。

このあたりの住宅性能に係る数値は、すべて無料カタログに掲載されています。

似たハウスメーカーや工務店の無料カタログを取り寄せるだけで、あなたはその会社のお客様情報にデータ登録され、カタログ郵送はもちろんのこと、メールや郵便でお得な決算セール歳末キャンペーンなどのお買い得な情報を手に入れる事ができます。

カタログには性能についてはこと細かく記載があり、カタログ比較から気に入った住宅メーカーが見つかれば、お得な決算セール情報や歳末キャンペーンの受信メールを読んで住宅展示場モデルハウスを見に行くのが最適です。

この手順で注文住宅を建てるだけで、総コストが300~500万円安くなった人も多くいます。
ですから、「今の今すぐ、先3カ月以内に建てたい!」と急いでいる人でなければ、カタログ請求(お勉強)とお得情報がメールで受け取れる状態にしておくのがとってもオススメです。

カタログ一括請求は
マジでお得しかない!

早速カタログ一括請求してお勉強とお買い得情報をGETしよう!

偉いっぽいおじいさん
よ~く考えよう。お金は大事だよ~♪
ふぉっふぉっふぉ 

フィアスホームで新築マイホームを建てた人のブログ

ここからは、リアルにフィアスホームで新築マイホームを建てた人のブログを紹介していきます。フィアスホームーと契約した人のブログの中には、凄く満足している人もいれば、不満をブログに書いている人もいます。当ブログでは、できるだけ中立的・客観的にそれらのブログを見て、フィアスホームーのメリットもデメリットも知ってもらえたらと思っています。また、フィアスホームーで新築マイホームを建てた人のブログはあくまでもそのブロガーさん個人の意見です。実体験として貴重な情報源ではありますが、それが全てだと思わずに参考程度にして下さい。

周瑜一家、高気密高断熱住宅に住まう

フィアスホーム小田原店で高気密・高断熱住宅を建てた周瑜一家。

周瑜一家、高気密高断熱住宅に住まう

周瑜一家、高気密高断熱住宅に住まう

ブログ主様がフィアスホームで新築した際の建築日記と、実際に完成してからの住み心地や光熱費などをまとめた備忘録です。三国志が好きなんですね、周瑜さん一家の奮戦記を読む事が出来ますよ。ハウスメーカーの選定~契約から着工~建築工事~事務手続き~住んでからの話と、知りたい情報がカテゴリー別に分けられていて読み易いブログに仕上がっています!

フィアスホームで建てた人の主な失敗・後悔ポイント

マイホームの購入は一生で一度の高額な買い物になる方が殆どだと思います。高額な買い物だからこそ絶対失敗したくないとお考えの方も多い筈。とは言え、マイホーム計画は殆どの方が初めての事なので、あとから「ああすれば良かった」「失敗した」と後悔される声が後を絶ちません。

この項目では、実際に【フィアスホーム】で新築した先輩方が「失敗」「後悔」している声をピックアップし、同じ失敗をしない為の対策ポイントなどをまとめたいと思います。

偉いっぽいおじいさん
「他人のフリ見て我がフリ直せ」マイホーム新築の失敗談を調べて、自分は同じ失敗をしないように気を付けよう
フィアスホームで良くある失敗ポイント

・フランチャイズ加盟店次第
フィアスホームは住宅機器大手リクシルグループの中で高性能住宅を手掛けている注文住宅ブランドですが、実際に契約をするのも施工をするのも加盟の工務店です。営業マンのレベルや施工技術は加盟店によってバラつきがあります。出来れば施工技術の高い加盟店にお願いしたいですね。

・価格の割に保証やアフターサービスが弱い
フィアスホームは住宅性能を重視した家づくりを行っているので、価格も相応に高めです。ミドルクラスの注文住宅と考えた方が良いのですが、保証やアフターサービスに関してはローコスト住宅メーカー並みの手薄さ。これには不満を感じる方が多いかもしれません。

・外観や内装のデザイン性などが弱い
フィアスホームは住宅性能こそ業界屈指の数値を実現していますが、外観デザインや内装の質感などは安っぽい印象を持たれている方が多いようです。

【フィアスホーム】後悔していると感じる人の経験談

【失敗談】一条工務店と比較してしまうと
高気密高断熱住宅を建てたいと考えていて、機械仕掛けの一条か、自然重視のフィアスかで悩み、フィアスで新築する事を決めました。友人が一条で建てたので被りたくなかったというのも有りましたね。友人の家は光触媒タイルが施工されていて、見栄えも良いのですが、我が家はパッと見で地味。こんな事なら一条で建てれば良かったと後悔の日々。断熱性や気密性は凄く良いんですけどね。見栄えの問題です。
【失敗談】加盟店の仕事が少し雑で
LIXIL製の設備が届いてもサイズが合わなかったり、フランチャイズだし、それぞれ工務店の大工さんが施工に慣れるまで仕方ないとは思うのですが、それにしてももう少しちゃんと仕事が出来ないものかと。フィアスホーム自体が比較的新しいブランドだから仕方ないですかね。
【失敗談】アフターサービスがお粗末ですね
一昨年にフィアスオーナーになりました。環境重視のパッシブ設計は私の考え方に合っていました。関東在住ですが冬も夏も快適で、高気密高断熱住宅の素晴らしさを実感しています。ただ、お粗末なのがアフターサービスですね。定期点検のお知らせが全くないのでこちらから連絡したのですが、「忙しいのでムリ」との事。フィアスホームの公式ホームページに書いてある事と全然違う対応に驚いています。他の加盟店ではそんな事はないのかもしれませんが、私は外れを引いてしまったのでしょうか。

【フィアスホーム】で失敗しない為の対策ポイント

【対策1】FC加盟の工務店の評判を調べておく
フィアスホームは住宅機器大手のLIXILが手掛けるフランチャイズチェーンですが、実際に契約を結ぶのは加盟の地元工務店です。その工務店の評判や、場合によっては財務状況なども調べておいた方が良いでしょう。建築途中に倒産してしまったりなどのトラブルを防ぐ為にも重要です。

【対策2】現場施工時に何度も足を運ぶ
フィアスホームは「eパネル」と呼ばれる木質パネルを組み立てる工法なので、施工技術はそれ程影響は無いとは思いますが、それでも丁寧な施工がされているか、雨天時の養生がされていなかったりしないか、しっかりチェックしていおいた方が欠陥住宅などの失敗を防ぐ事が出来ます。

【対策3】同価格帯や同じ高気密高断熱住宅と比較しておく
フィアスホームは住宅機器大手のLIXILが手掛けるフランチャイズチェーンの中でも住宅性能を重視しており、比較的価格帯も高めになります。ミドルクラスの価格帯で競合するハウスメーカーや、同じ高気密高断熱住宅に注力しているハウスメーカーなども比較検討を行うようにしましょう。比較検討をしっかり行う事で値引き交渉を優位に進める事が出来たり、他にもコスパ優秀なハスウメーカーを見つけられたりと恩恵が大きいです。

偉いっぽいおじいさん
失敗・後悔しない為に一番重要なのは事前に比較をしっかり行っておく事じゃ

そもそも【フィアスホーム】で新築した後に失敗・後悔している声が後を絶たない理由は、事前に比較検討を行っていない事が一番大きな要因です。

マイホームに限らず、高額な買い物をする場合は事前にその商品のデザインや性能、また口コミや評判、またどの会社の商品がお得なのか等を調べますよね。マイホームでも同じ事をしなければ「失敗・後悔」するのは当たり前です。

マイホームの購入は誰もが初めての事。知らない事だらけだからこそ、事前に必ず複数のハウスメーカーからカタログを取り寄せて比較検討を行う事。事前に各社の基本情報を予備知識として覚えておくだけで、あなたのマイホーム計画が失敗する確率を9割減らす事が出来るとお考え下さい。しかも無料カタログを取り寄せておけば、安く購入する為の交渉カードにもなります。

さりぺろ
ちなみに無料カタログを一括で取り寄せるサービスを利用すれば3分程度で手続き完了。手順は下記特集ページにまとめました!

フィアスホームブログの評判まとめ

フィアスホームは住宅性能を重視した家づくりを行っていて、特に高気密高性能住宅に注力しています。樹脂系断熱材と構造用パネルを一体化させた「eパネル」で建物を包み込むような工法をしているのが大きな効果を得ています。

断熱性能の高さを示すUA値(外皮平均熱貫流率)では「UA値0.27」、気密性を現すC値では「C値0.43」の数値は、住宅業界でもトップクラスの優秀な水準です。同じく高気密高断熱住宅で有名な《一条工務店》に比肩する住宅性能を有していると考える事が出来るでしょう。

また、フィアスホームでは過剰な冷暖房に頼り過ぎない家づくりをコンセプトとした「パッシブ設計」を掲げている点も注目ですね。太陽の光や熱、風通りが考慮された「自然を感じる事の出来る住まい」を重視しています。近年の日本住宅は人工物に囲まれた住居が多いように感じます。過剰な空調設備やコンクリートなどの人工物に囲まれた生活をしているとストレスを感じるという事は科学的にも証明されています。自然を直に感じる事の出来る「パッシブ設計」はストレスの軽減が測られているので、家族の健康を重視した家づくりを行っていると言えるでしょう。

高性能な住宅性能に加え、自然環境を重視した「パッシブ設計」、これがフィアスホームの大きな特徴ですが、他にも宅設備機器最大手のLIXILグループの一員である事も強調材料です。当然、LIXIL製の住宅設備を安価に仕入れる事が可能なので、グレードの高い製品を標準装備として採用する事が出来ます。これは大きなメリットですね。

尚、フィアスホームでは施工品質のばらつきを抑える為、工場でプレカットされた構造材と接合金物を採用する事で、品質のブレを防いでいます。この点もフランチャイズ方式を採用するフィアスホームの強みですね。

一方、ネガティブな意見としては価格がやや高めな点が挙げられます。特に上級グレードの「アリエッタDS」は坪単価が高く、もう少し背伸びをすれば《一条工務店》《積水ハウス》などが競合になります。そうなるとフィアスホームはサービス面やブランド価値などで劣勢になりますので、相対的に評価が低くなってしまうかもしれません。特に保証やアフターサービスに関しては、ローコスト住宅メーカー並みの対応しか用意していませんので、今後の改善に期待したいですね。

フィアスホームで新築するメリット
・住宅業界屈指の高気密高断熱住宅
・全商品で耐震等級3相当
・人工物に頼らない自然を感じられるパッシブ設計
・高グレードなLIXIL製品が標準仕様
フィアスホームで新築するデメリット
・上級グレードは価格が高い
・保証やアフターサービスが手薄

「フィアスホーム」の新築マイホームを少しでも安く買う為の裏ワザを教えちゃいます!!

マイホームブログ見積もり「フィアスホーム」でマイホームを建てたいと考えていても、他のハウスメーカーと比較・相見積もりを取らないと数百万円の「損」をする可能性があるって知ってますか?

マイホーム自体が高額な買い物なので感覚がマヒしがちですが、ほぼ同じ仕様や住宅性能の家でも、他のハウスメーカーと比較してみると「数百万円単位の価格差」があるのが当たり前の世界です。
例え本命のハウスメーカーが決まっていたとしても、全く比較検討を行わないのは数百万円もの大金をドブに捨ててしまうのと同義と考えるべきでしょう!

数百万円の差があれば、それこそ外壁を全面タイル貼りに出来たり、家具家電を全て新調する事だって出来ますから、比較しないまま新築するなんて…勿体ないですよね。

複数のハウスメーカーのカタログを比較・相見積もりを取るだけで、数百万円のリスクを抑えられるなら、やらない手は無いと思います!それに「フィアスホーム」と「坪単価」「工法・構造」「特徴・設備」などが似ているハウスメーカーと比較しておく事で実際に値引き交渉はかなり優位に進める(価格競合させる)事が出来るようになります。

何となく建てたい家のイメージがすでにある方も、まだイメージが掴めずこれからという方も、無料カタログを取り寄せて住宅メーカーにとって競合相手を作っておく事は何の損もありません。むしろ後で安く買うための交渉カードになりますね!😆

不動産販売経験者からすると…、これ持ってこられちゃうとライバル会社に契約取られてしまうので、多少ディスカウントせざるを得ないんですよね…

偉いっぽいおじいさん
無料でカタログ請求・相見積もりするだけで、数百万円もお得になる可能性がある!「フィアスホーム」と比較するなら、まずは同じ価格帯(坪単価)のハウスメーカーと一緒にカタログ請求するのが良いぞ。勿論無料なので安心じゃ。
今からでも遅くない!】値引き交渉には競合ハウスメーカーの見積もりが効果的!
住宅展示場やモデルハウスに行ってしまった方や、既に本命メーカーが決まっている方でも本契約前なら、まだ数百万円お得になる可能性が大です!
繰り返しになりますが、最大限お得に本命ハウスメーカーと契約するには、まずは一括カタログ請求で見積もり競合させるのが一番オススメでディスカウント交渉成功率も高いですよ!!
それに、今気になっているメーカーで絶対決まるとは限りませんよね?
建てたいお家に似た競合メーカーが逆転サヨナラホームラン級のディスカウントをしてくることもよく有って、そっちで決める人も多いですよ!

電話営業がかかってくるのはチョット…という人でも!】お問い合わせ内容にメールでの連絡を希望する旨を書いておけば、登録アドレスにハウスメーカーからお得なキャンペーン情報などが送られてくるのみで、これも凄いメリット有ります🤷
(例)↓
マイホーム電話営業断り方
特にハウスメーカーの決算期はかなり大幅なお値引きのキャンペーンがあるので、メールでお得情報取得しておくとスゴク良いです!

>>簡単3分で無料カタログまとめて取り寄せはコチラ

フィアスホームと比較したいハウスメーカー

この項目では、フィアスホームと「価格(坪単価)」「工法・構造」「特徴・オプション(設備)」などで比較検討を行いたいハウスメーカーをブログ主の独断と偏見でピックアップしたいと思います!勿論、比較したいハウスメーカーのブログもリンク先で紹介していますので、ぜひぜひ参考にしてみて下さいね!

フィアスホーム
平均坪単価:50万円~65万円

フィアスホームは商品グレードによって価格差がありますが、平均的なボリュームゾーンは50万円~65万円あたりを水準に考えたいですね。ローコスト住宅の括りではなく、中間層向きの価格帯です。同グループの《アイフルホーム》と価格差で住み分けをしている印象です。

セルコホーム ブログセルコホーム
平均坪単価:50万円~65万円

少し毛色は違いますが、カナダの輸入住宅を手掛けるセルコホームは価格帯(坪単価)的に競合するでしょう。主要構造材にはカナダ産の良質な木材を使用していますが、現地工場と直接パートナー契約を結んでいますので、商社を通さず直接輸入する事が出来るシステムを構築しています。輸入住宅デザインやレンガ外壁に惹かれる方はチェック推奨です。

ユニバーサルホーム ブログユニバーサルホーム
平均坪単価:50万円~65万円

ユニバーサルホームは地熱床システムを活用した「床下浸水がありえない家」を手掛けています。この工法は床下自体が存在しません。つまり、床下浸水が物理的に発生しない構造になっています。近年は日本で水害が頻発していますので、河川の近くに家を建てたい人は注目です。尚、1階全館床暖房やALCコンクリート外壁が標準装備なのも強調材料。

フィアスホームと坪単価が似ているハウスメーカーブログ

セルコホームキャプチャ

セルコホームで建てた人のブログまとめ

2019.12.12
ユニバーサルホームキャプチャ

ユニバーサルホームで建てた人のブログまとめ

2019.11.07

フィアスホームと同じ工法・構造で比較したいハウスメーカー

この項目ではフィアスホームと似た工法・構造を採用しているハウスメーカーから比較検討に加えたいハウスメーカーを紹介したいと思います。

フィアスホーム
木造軸組+パネル工法

フィアスホームは日本伝統の在来工法(木造軸組工法)に金物接合や構造用集成材を使用した木質パネル工法を採用しています。樹脂系断熱材と構造用パネルを一体化させた「eパネル」は耐震性・耐久性だけではなく断熱性にも高い効果を発揮しています。

ヤマダホームズ ブログヤマダホームズ
木造軸組+パネル工法

ヤマダホームズは「ストレストスキンパネル」と呼ばれる木質パネルを工場生産して、現地で組み立てる木造プレハブ工法を採用しています。木造軸組工法と木質パネルを採用する事で壁で支える構造となるので、高い住宅性能を実現しています。

ミサワホーム ブログミサワホーム
木造軸組+パネル工法

ミサワホームは南極の昭和基地を建築した事でも有名ですが、そこで採用されたのが木質パネル接着工法。南極のような劣悪な環境下でも40年以上耐えられる強固な耐久性を誇っています。在来工法と木質パネル工法を融合させ外力に強い構造です。

フィアスホームと工法・構造が似ているハウスメーカーブログ

ヤマダホームズキャプチャ

ヤマダホームズで建てた人のブログまとめ

2019.12.02
ミサワホームキャプチャ

ミサワホームで建てた人のブログまとめ

2019.10.06

フィアスホームの特徴や設備(オプション)で比較したいハウスメーカー

この項目ではフィアスホーム独自の特徴や住宅性能、設備(オプション)などの面で比較したいハウスメーカーをピックアップします。あくまでも当ブログ主の主観なので、予めご了承ください。

フィアスホーム
高気密高断熱住宅

オリジナル高性能パネル「eパネル」は高気密高断熱住宅を実現する大きな役目を担っています。特にフィアスホームのフラッグシップモデル「アリエッタDS」では断熱性能を現す数値「UA値0.27」、気密性を現す数値「C値0.43」と高水準です。

ヤマト住建 ブログヤマト住建
高気密高断熱住宅

屋根から基礎まで断熱材を隙間なく包み込む外張り断熱工法や、気密テープの施工など高気密高断熱住宅に注力しているのがヤマト住建。「エネージュUW」では断熱性能を現す数値「UA値0.27」を実現、気密性を現す数値「C値1.0以下」は全商品で達成しています。

アエラホーム ブログアエラホーム
高気密高断熱住宅

北海道基準の断熱性能を掲げるアエラホームも高気密高断熱住宅を手掛けています。フラッグシップモデルの「クラージュ」は外張断熱工法を採用していて、断熱性能「UA値0.39」、気密性能「C値0.47」を実現しています。価格帯的にも競合しそう。

フィアスホームとオプションが似ているハウスメーカーブログ

ヤマト住建 キャプチャ

ヤマト住建で建てた人のブログまとめ

2020.03.12
アエラホームキャプチャ

アエラホームで建てた人のブログまとめ

2019.11.22

最後にチェック!!これを知らないと1000万円以上損するかも?!

偉いっぽい爺さん
ふぉふぉふぉ…実は事前に比較をしっかりしておかないと1000万円以上も損してしまう可能性がある事を知っておるかね?

1000万円以上も損するなんて驚きですが、実はこれ本当の事です。これを知っておかないと、あなたのマイホーム計画は失敗してしまう可能性があります。絶対に失敗したくない人は下記の特集ページをチェックして下さい。

新築一戸建てなら、無料で簡単カタログ一括請求!

一生に一度の夢のマイホーム建築。折角注文住宅を建てるなら、見た目や住宅性能の高さだけでなく価格面もちゃんと比較して欲しいので、ハウスメーカーのカタログを無料一括請求して比較(お勉強)することをオススメします!高級高性能なマイホームから、1000万円台のローコスト住宅まで、あなたに最適なハウスメーカー探しの第一歩がカタログ比較です!

新築注文住宅バナー

なぜLIFULL HOME’Sのカタログ請求をオススメするのかというと‥
(株)LIFULLは東証1部上場企業で、カタログ提供会社の1社1社を審査しています。ハウスメーカーの中(実際に工事をする下請会社や孫請けの施工会社も含む)には、残念ながら粗悪な建築工事をしてしまう会社があります。外壁と内壁の内部や床下など目に見えない部分というのは職人が手抜き工事してしまう例も多々存在するのです。折角の新築マイホームで業者選びに失敗してしまい、欠陥のある住宅を引き渡され、後悔や怒りに震える毎日には絶対にして欲しくありません。悪質なハウスメーカーや工務店、施工会社はLIFULL HOME’Sへ無料カタログ掲載が出来ません。新築マイホームを建てるなら、ハウスメーカー及び、実際に工事をする施工会社まで信頼と実績のある会社に依頼するようにして下さい

 8 件の口コミ、成功・失敗体験談など

  • フィアスのe-パネルは本当に評判が良いみたいですね。断熱材はネオマフォームだし、ヘーベルハウスの木造版みたいなものです。住宅設備のリクシルが親会社ですが、その中でも一番高級住宅になるので、かなり品質も良いと思います。

  • フィアスホームは高気密高断熱仕様だけじゃなくて、太陽光や風の通り道を配慮した設計を採用しています。最近はウェルネストホームとか高級注文住宅メーカーでもこの考え方を採用するところが増えていて、過剰な暖房器具に頼らない家づくりですね。流石に北海道とかは厳しいとは思いますが、東北エリアだったら床暖房無しでも十分暖かく過ごす事が出来るみたいですよ。

  • パッシブ設計にとても賛同したのでアリエッタDSで新築しました。気密測定もやってもらったけど0.25だったと思う。一条工務店なんかよりも全然優秀な数値だし、これだけ高気密高断熱なら本当に床暖房が要らないんだという事を実感しています。光熱費を考慮しても一番ベストの選択をしたと思っています。

  • アリエッタDS施主です。本当に光熱費は安いですよ。夏場にエアコン付けっぱなしでも設定温度を上げても十分涼しいので、電気代が7000円位で済みました。ちなみに築40年の実家は電気代だけで2万円だそうです。この位の差が出て来ると本当に違いを感じると思います。

  • 一条と悩みに悩みましたが、フィアスホームに決めました。一条は確かに良さそうだったのですが予算的に少し厳しかったので。床暖房無しでも快適に過ごせると聞いたので期待しています。来年着工予定です。

  • ネオマフォーム断熱材に粘弾性のパネルを搭載してる時点で、フィアスホームは先端技術が搭載された家って事が判ります。しかもパッシブ設計だから過剰な冷暖房機器も必要ない訳ですよね。凄く興味あるんですが、神奈川に加盟店が無いんですよね。これから加盟店が増えて来るのでしょうか?

  • 過剰な機器に頼らない生活をしたいと考え、フィアスを選びました。パッシブデザインは私の理想とする生き方です。猫を飼っているので、心地よい風と暖かい日差しのある、ゆるやかな時間を過ごす事が出来ています。

  • アリエッタDSで建てて数年経ちます。私の住まいは寒冷エリアに該当しますが、床暖房が無くても全く問題なく過ごす事が出来ています。流石に冬に素足で過ごすのは無理ですが、それでも必要十分な断熱性能が備わっているので、エアコンで十分快適に過ごす事が出来ます。光熱費も大分安くなりました。

  • 匿名 へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。