飯田産業で新築マイホームを建てた人のブログまとめ

飯田産業 キャプチャ

飯田産業を検討中の人に読んでほしい参考ブログ

飯田産業の会社概要

社名 飯田産業株式会社
本社所在地 東京都武蔵野市境二丁目2番2号
設立 1979年7月8日
累積建築戸数 調査中(年間3万棟以上)
代表者 代表取締役会長:森 和彦 代表取締役社長:千葉 雄二郎
資本金 20億円
従業員数 1030名(2018年3月)
事業内容 注文住宅、分譲住宅、住宅流通etc.
売上高 1563億円(2013年4月・連結)
営業利益 143億円(2013年4月・連結)
対応エリア 全国

飯田産業の特徴

まずは飯田産業の特徴を簡潔にパパっと説明しておきますね!「いいだのいい家」のキャッチコピーでお馴染みの飯田産業は、超巨大なパワービルダーとしても有名ですね。「一建設」「東栄住宅」「タクトホーム」「アーネストワン」「アイディホーム」との共同株式移転を行い、巨大な飯田グループホールディングスの一員になります。基本的には土地付き一戸建ての建売住宅の販売がメインですが、注文住宅の販売も行っています。では、飯田産業の注文住宅は、どんな性能なのか、デザイン性は?価格はどうなの?みなさんが気になりそうな要点をブログ主の調べた範疇ですが書いていきます。

年間3万棟以上のパワービルダー

飯田グループは戸建て住宅部門においては日本一のパワービルダーになります。パワービルダーとは、床面積30坪程の土地付き一戸建て住宅をローコスト価格で販売し、年間で数千棟規模で分譲している建設販売業者の事で、2015年はグループ全体で38481棟もの住宅を建築しています。注文住宅の年間着工数1位の積水ハウスは年間12000棟である事を考慮すると、建売住宅がメインとはいえ、物凄い建築実績がある事が判ると思います😊。

スケールメリットを生かした低価格・高性能住宅

飯田産業は日本伝統の在来工法(木造軸組工法)を基本としており、構造用合板の耐力壁を採用する事で、構造躯体の強度を保っています。「I.D.S工法」と呼ばれるこの技術を使って、飯田産業グループの家は高い設計自由度と、耐震等級3(最高等級)を実現。耐震等級だけではなく、耐風等級・劣化対策等級・維持管理対策等級・ホルムアルデヒド対策等級で最高等級を取得。全て標準仕様としているので、価格の割に強度の高い構造躯体を実現しています。安さの秘密はやはり年間着工数の多さを活かしたスケールメリット。住宅資材や設備を大量に仕入れる事が出来るので、他社よりも価格面で大幅なメリットがあると考える事が出来ますね。

スケルトン&インフィル設計

最近の注文住宅業界では「スケルトン&インフイル設計」を採用するハウスメーカーが増えて来ました。丈夫なスケルトン(S)構造躯体はそのままで、内部のインフィル(I)間取りや設備は敢えて簡素な造りをし、ライフスタイルに合わせた間取り変更や模様替えを自由に行えるように設計されています。家族が増えたり減ったりする中で、自由に気軽に間取りを変更出来る設計。これは今後の住まいに対する主流の考え方になって行くかもしれませんね。

住宅性能が高く坪単価も安い コスパ優秀

飯田産業の坪単価を調べると、1坪あたり35万円~45万円あたりがボリュームゾーン。注文住宅として見た場合、相当安く感じるのではないでしょうか。
住宅性能表示でも複数の最高等級と、高性能住宅をこの価格帯で販売している訳ですから、コスパはかなり優秀に感じますね。これも年間3万棟を超える着工数のスケールメリットを活かしているからこそ実現出来る事かもしれません。ローコスト住宅を検討している方にとって、飯田産業の注文住宅は候補の一角に考えておいた方が良いと思います。

飯田産業と、人気ハウスメーカーを性能比較して勉強しよう!

飯田産業の注文住宅は1から設計しますから、マンションのように内見をして買うことが出来ません。
気になっているハウスメーカーの特徴や外観など、それに似たライバルハウスメーカーや工務店と比較検討することで、性能(耐震・省エネ・断熱・気密性)の差、キッチンやお風呂などの水回り設備、耐久性(お家の寿命やメンテナンス)や価格の違いに気づけるようになります。

新築マイホームを注文住宅で建てるにあたっては、特にお勉強と比較が絶対に必要です。

お勉強や比較を怠ってハウスメーカーの言いなりで新築マイホームを建ててしまうと、後から知って後悔する事が沢山あります。特に価格面でライバル会社を引き合いに出さないとハウスメーカー側の希望価格で契約してしまう事態を招きます。これは1社しか検討しなかった人と、しっかり比較して交渉した人とでは数百万円の差(ディスカウント)が生じます。

それに、マイホーム失敗談を書くブログやオーナーさんの不満点として、住宅性能と価格面、ランニングコストが大部分の割合を占めています。

注文住宅の失敗ランキング
・1位:夏暑い/冬寒い(断熱・気密性能が悪い)※致命的失敗
・2位:光熱費が高い(省エネ・断熱・気密性能が悪い)※改善の余地あり
・3位:メンテナンス頻度が多い(外壁性能が悪い)※要リフォーム

トップページにもこれでもかと書いてある上記の失敗内容ですが、大切なことなので少しだけ…。
住宅性能の中核である断熱性能と気密性能は、そこに住むご家庭の毎日の快適性に直結する大変重要な性能。
簡単に言えば、室外の熱や寒気を遮断し、室内の暖かさや冷房を外に逃がさないのが断熱性能。同じく住宅の隙間から熱や寒気を入れたり出したりせず、密封されているかが気密性能。

外壁と内壁の間に施工する技術ですから、一度建ててしまえば後から直すことが出来ません。折角作った壁をすべて壊して作り直さなければいけないのです。断熱性能は熱損出係数(C値)、気密性能は住宅の相当隙間面積(Q値)で数値として表わすことが出来ます。

このあたりの住宅性能に係る数値は、すべて無料カタログに掲載されています。

似たハウスメーカーや工務店の無料カタログを取り寄せるだけで、あなたはその会社のお客様情報にデータ登録され、カタログ郵送はもちろんのこと、メールや郵便でお得な決算セール歳末キャンペーンなどのお買い得な情報を手に入れる事ができます。

カタログには性能についてはこと細かく記載があり、カタログ比較から気に入った住宅メーカーが見つかれば、お得な決算セール情報や歳末キャンペーンの受信メールを読んで住宅展示場モデルハウスを見に行くのが最適です。

この手順で注文住宅を建てるだけで、総コストが300~500万円安くなった人も多くいます。
ですから、「今の今すぐ、先3カ月以内に建てたい!」と急いでいる人でなければ、カタログ請求(お勉強)とお得情報がメールで受け取れる状態にしておくのがとってもオススメです。

カタログ一括請求は
マジでお得しかない!

早速カタログ一括請求してお勉強とお買い得情報をGETしよう!

偉いっぽいおじいさん
よ~く考えよう。お金は大事だよ~♪
ふぉっふぉっふぉ 

飯田産業で新築マイホームを建てた人のブログ

ここからは、リアルに飯田産業で新築マイホームを建てた人のブログを紹介していきます。飯田産業と契約した人のブログの中には、凄く満足している人もいれば、不満をブログに書いている人もいます。当ブログでは、できるだけ中立的・客観的にそれらのブログを見て、飯田産業のメリットもデメリットも知ってもらえたらと思っています。また、飯田産業で新築マイホームを建てた人のブログはあくまでもそのブロガーさん個人の意見です。実体験として貴重な情報源ではありますが、それが全てだと思わずに参考程度にして下さい。

ハウスメーカー比較マイスター

飯田産業の注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ

ハウスメーカー比較マイスター 飯田産業 ブログ

ハウスメーカー比較マイスター

こちらはブログではありませんが、飯田産業の情報が綺麗にまとめられていて、とても参考になると思います。フジ住宅の住宅性能や実例、商品別の平均坪単価なども掲載されていますし、口コミや評判なども充実しています。宅建士の方が監修をされていて、他のハウスメーカーの事やランキングページ、家を建てる時に知っておきたい予備知識なんかも勉強する事が出来るので、これからマイホーム計画をスタートさせる方にオススメしたいですね😍。

Airbnb×建売新築記録ーGrace + HOMEー

飯田産業の建売を購入することになったんでブログでいろいろ記録していこうと思います。
Airbnb×建売新築記録ーGrace + HOMEー

Airbnb×建売新築記録ーGrace + HOMEー

こちらは注文住宅ではなくて、飯田産業の建売住宅ですが、飯田産業の家について詳しく書かれているブログなのでピックアップしました!飯田産業の使用する木材の品質や、住み心地レビューなど知りたい情報が満載なので、興味がある方はチェック推奨です😍。

飯田産業の評判まとめ

飯田産業は東証1部上場企業でしたが、2013年に上場廃止を行い「一建設」「東栄住宅」「タクトホーム」「アーネストワン」「アイディホーム」との共同株式移転により「飯田グループホールディングス」を設立し、飯田グループHDの完全子会社となりました🏦。

現在の飯田産業は戸建て住宅(建売受託、注文受託)で年間3万棟を超える飯田グループの一員です。日本一のパワービルダーとして圧倒的なスケールメリットを生かした住宅資材と住宅設備の一括生産、一括仕入れを可能とする事で高性能住宅を低価格で数多く販売しています。

ローコスト価格帯でありながら、住宅性能表示制度の「耐震等級」「耐風等級」「劣化対策等級」「維持管理対策等級」「ホルムルデヒド対策等級」の項目で最高等級を標準仕様。特に飯田産業が採用している耐力壁は「壁倍率5倍」と高級注文住宅と比肩する高水準。これは他社ローコスト住宅にとって相当な脅威かもしれませんね。

ただし、飯田産業の住まいは年間3万棟以上の販売を行いますので、あまり凝ったデザイン性などは無く、シンプルで万人向けするデザインの家が多くなります。個性的では無いので、特に若い世代には「つまらない家」と感じられるかもしれません。

また飯田産業の注文住宅は、どうしても「建売住宅ベース」となりますので、一般的な建売住宅にある程度の制限下で間取りの自由度を追加した家と考えるのがしっくり来るでしょう。高級感や重厚感などはありませんが、価格の安さと住宅性能を重視した家づくり、ローコスト価格帯である事を考えればコスパ優秀である事は間違い無さそうですね!

また飯田産業では初期保証10年、定期的な点検と有償メンテナンス工事を受ける事で、30年目迄の保証延長制度を利用する事が出来ます。ローコスト住宅の枠組みの中では、中々の好待遇だと思うので、この辺りも飯田産業の家が売れている理由の一つかもしれませんね。

また飯田産業の場合、特に都市部で広い土地を一気に購入して、それを細かく分譲して販売するパワービルダーになります。特に都市圏の良好な土地を個人で購入しようとすると難しいですが、飯田産業のようなパワービルダーは条件の良い土地を数多く保有している可能性が高いです。都市部で土地と一緒に注文住宅を建てようとお考えの方は、選択肢に含めておきたいハウスメーカーの一つではないでしょうか。

飯田産業で新築するメリット
・価格が安い(コスパが優秀)
・住宅性能表示制度5項目で最高等級
・都市部の良好な土地を分譲する可能性がある
飯田産業で新築するデメリット
・デザイン性や高級感は無い
・設計の自由度は低い
・内装などの品質は価格相応

「飯田産業」の新築マイホームを少しでも安く買う為の裏ワザを教えちゃいます!!

マイホームブログ見積もり「飯田産業」でマイホームを建てたいと考えていても、他のハウスメーカーと比較・相見積もりを取らないと数百万円の「損」をする可能性があるって知ってますか?

マイホーム自体が高額な買い物なので感覚がマヒしがちですが、ほぼ同じ仕様や住宅性能の家でも、他のハウスメーカーと比較してみると「数百万円単位の価格差」があるのが当たり前の世界です。
例え本命のハウスメーカーが決まっていたとしても、全く比較検討を行わないのは数百万円もの大金をドブに捨ててしまうのと同義と考えるべきでしょう!

数百万円の差があれば、それこそ外壁を全面タイル貼りに出来たり、家具家電を全て新調する事だって出来ますから、比較しないまま新築するなんて…勿体ないですよね。

複数のハウスメーカーのカタログを比較・相見積もりを取るだけで、数百万円のリスクを抑えられるなら、やらない手は無いと思います!それに「飯田産業」と「坪単価」「工法・構造」「特徴・設備」などが似ているハウスメーカーと比較しておく事で実際に値引き交渉はかなり優位に進める(価格競合させる)事が出来るようになります。

何となく建てたい家のイメージがすでにある方も、まだイメージが掴めずこれからという方も、無料カタログを取り寄せて住宅メーカーにとって競合相手を作っておく事は何の損もありません。むしろ後で安く買うための交渉カードになりますね!😆

不動産販売経験者からすると…、これ持ってこられちゃうとライバル会社に契約取られてしまうので、多少ディスカウントせざるを得ないんですよね…

偉いっぽいおじいさん
無料でカタログ請求・相見積もりするだけで、数百万円もお得になる可能性がある!「飯田産業」と比較するなら、まずは同じ価格帯(坪単価)のハウスメーカーと一緒にカタログ請求するのが良いぞ。勿論無料なので安心じゃ。
今からでも遅くない!】値引き交渉には競合ハウスメーカーの見積もりが効果的!
住宅展示場やモデルハウスに行ってしまった方や、既に本命メーカーが決まっている方でも本契約前なら、まだ数百万円お得になる可能性が大です!
繰り返しになりますが、最大限お得に本命ハウスメーカーと契約するには、まずは一括カタログ請求で見積もり競合させるのが一番オススメでディスカウント交渉成功率も高いですよ!!
それに、今気になっているメーカーで絶対決まるとは限りませんよね?
建てたいお家に似た競合メーカーが逆転サヨナラホームラン級のディスカウントをしてくることもよく有って、そっちで決める人も多いですよ!

電話営業がかかってくるのはチョット…という人でも!】お問い合わせ内容にメールでの連絡を希望する旨を書いておけば、登録アドレスにハウスメーカーからお得なキャンペーン情報などが送られてくるのみで、これも凄いメリット有ります🤷
(例)↓
マイホーム電話営業断り方
特にハウスメーカーの決算期はかなり大幅なお値引きのキャンペーンがあるので、メールでお得情報取得しておくとスゴク良いです!

>>簡単3分で無料カタログまとめて取り寄せはコチラ

飯田産業と比較したいハウスメーカー

この項目では、飯田産業と「価格(坪単価)」「工法・構造」「特徴・オプション(設備)」などで比較検討を行いたいハウスメーカーをブログ主の独断と偏見でピックアップしたいと思います!勿論、比較したいハウスメーカーのブログもリンク先で紹介していますので、ぜひぜひ参考にしてみて下さいね!

飯田産業と同じ価格帯(坪単価)で比較したいハウスメーカー

この項目では飯田産業と同価格帯(坪単価)で競合するハウスメーカーをいくつかピックアップして、紹介したいと思います。尚、商品によって坪単価は差があるのが一般的です。「平均坪単価」はあくまで参考程度にお考え頂ければ幸いです。

飯田産業
平均坪単価:35万円~45万円

飯田産業の注文住宅の平均坪単価は35万円~45万円あたりがボリュームゾーン。飯田産業は土地もコミの価格で語られることが多いですが、この坪単価はあくまでも本体価格のお値段。高性能住宅をこの価格帯で販売出来るのもパワービルダーならではでしょう。

ユニテハウス ブログユニテハウス
平均坪単価:35万円~45万円

ユニテハウスの本体価格は1100万円ですが、標準仕様のままでは間仕切りが無い状態なので、ここから間取りの変更など費用を掛けながらカスタマイズしていきます。ユニテハウスで新築した場合のおおよその平均坪単価は35万円~45万円あたりが基準なので、飯田産業と競合するでしょう。

アイダ設計 ブログアイダ設計
平均坪単価:30万円~40万円

アイダ設計で注文住宅を建てた7割以上の人が本体価格1500万円以下で新築されているそうです。飯田産業より更に安い価格帯で販売しているので、価格帯(坪単価)で比較するならアイダ設計は候補に含めたいところです。価格の安さだけではなく、住宅設備などのグレードも高いので必見です。

飯田産業と坪単価が似ているハウスメーカーブログ

ユニテハウスで新築マイホームを建てた人のブログまとめ

2020.01.27

アイダ設計で新築マイホームを建てた人のブログまとめ

2019.11.01

飯田産業と同じ工法・構造で比較したいハウスメーカー

この項目では飯田産業と似た工法・構造を採用しているハウスメーカーから比較検討に加えたいハウスメーカーを紹介したいと思います。

飯田産業
木造軸組工法

飯田産業は在来工法(木造軸組工法)に耐力壁を採用する事で、設計の自由度と耐久力、耐震性を高めています。採用している耐力壁の壁倍率は5.0倍、高級注文住宅並みの高性能パネルを採用しています。

アイフルホーム ブログアイフルホーム
木造軸組工法

アイフルホームでは日本伝統の在来工法(木造軸組工法)にテクノスター金物を採用する事で、構造躯体の強度を高めています。他にもプレウォール工法と呼ばれる補助的に壁や床などでも建物を支える構造を採用していますので、高い耐久性と耐震性を実現する事が出来ます。若者向きのデザイン性も人気ですね。

タマホーム ブログタマホーム
木造軸組工法

同じ在来工法を手掛けるハウスメーカーとしてピックアップしたいのが、ローコスト住宅の代表格「タマホーム」です。飯田産業と同じく自社でプレカット工場を保有しており、木材の仕入れから資材の加工や管理まで一貫して行う「タマストラクチャー」と呼ばれる独自システムを構築しています。

飯田産業と工法・構造が似ているハウスメーカーブログ

アイフルホームで新築マイホームを建てた人のブログまとめ

2019.10.25

タマホームで家を建てた人のブログまとめ

2019.10.02

飯田産業の特徴や設備(オプション)で比較したいハウスメーカー

この項目では飯田産業独自の特徴や住宅性能、設備(オプション)などの面で比較したいハウスメーカーをピックアップします。あくまでも当ブログ主の主観なので、予めご了承ください。

飯田産業
コスパ(費用対効果)の良さ

飯田産業は住宅性能表示5項目で最高等級を取得しながらもローコスト価格帯に抑えています。コスパ(費用対効果)の良さは相当高いと感じる方も多いのではないでしょうか。飯田産業と同じく、コスパに優れたハウスメーカーをピックアップしたいと思います。

秀光ビルド ブログ秀光ビルド
コスパ(費用対効果)の良さ

コスパ(費用対効果)の良さで考えるなら秀光ビルドは外せないところです。上位グレードの「SHQ」では、屋根瓦を標準価格内で選ぶ事が出来ますし、光触媒効果が付与された光セラのサイディング外壁を選ぶ事が出来ます。他にも制震ダンパーなどの豪華設備を標準装備しながらも本体価格1200万円以下~と破格のお値段。飯田産業のコスパの良さに惹かれる方は比較候補に含めておきたいですね。

富士住建 ブログ富士住建
コスパ(費用対効果)の良さ

富士住建は他社では有料オプションが当たり前となる高額オプションが全てコミコミ価格となる「完全フル装備の家」が有名です。例えば「太陽光発電システム」や「1.5坪システムバス」などに加え、更にエアコンやカーテンに至る迄、全てコミコミ価格。飯田産業より価格はやや高めになりますが、それら豪華設備分を差し引いて考えれば、相当お得に感じるのではないでしょうか。

飯田産業とオプションが似ているハウスメーカーブログ

秀光ビルドで新築マイホームを建てた人のブログまとめ

2020.02.12

富士住建で新築マイホームを建てた人のブログまとめ

2019.12.17

新築一戸建てなら、無料で簡単カタログ一括請求!

一生に一度の夢のマイホーム建築。折角注文住宅を建てるなら、住宅性能の高さだけでなく価格面もちゃんと比較したいのでハウスメーカーのカタログを無料一括請求して比較することをオススメします!高級高性能なマイホームから、1000万円台のローコスト住宅まで、あなたに最適なハウスメーカー探しの第一歩がカタログ比較です!

新築注文住宅バナー

なぜLIFULL HOME’Sのカタログ請求をオススメするのかというと‥
(株)LIFULLは東証1部上場企業で、カタログ提供会社の1社1社を審査しています。ハウスメーカーの中(実際に工事をする下請会社や孫請けの施工会社も含む)には、残念ながら粗悪な建築工事をしてしまう会社があります。外壁と内壁の内部や床下など目に見えない部分というのは職人が手抜き工事してしまう例も多々存在するのです。折角の新築マイホームで業者選びに失敗してしまい、欠陥のある住宅を引き渡され、後悔や怒りに震える毎日には絶対にして欲しくありません。悪質なハウスメーカーや工務店、施工会社はLIFULL HOME’Sへ無料カタログ掲載が出来ません。新築マイホームを建てるなら、ハウスメーカー及び、実際に工事をする施工会社まで信頼と実績のある会社に依頼するようにして下さい

3 件のコメント

  • 飯田グループの家はとにかく安い上に頑丈なので、一定の満足感は得られると思いますよ。造作やデザインに拘るなら他所のハウスメーカーも候補に含めておいた方が良いでしょうけどね。こちらの管理人も書いてますが、建売住宅に間取りの自由度を加えた家というのが確かにしっくり来ますね。住宅ローンを重荷に感じる人や、世帯収入が低い人にとってはかなり良い選択だとは思いますけどね。

  • 飯田の家は耐震等級3なので地震に強いのは間違いないとは思うが、とにかく普通の家って印象だね。日本の住宅街に良くある一般的なサラリーマンの家みたいな。他人と同じような家が欲しい人なら良いと思うが、個性が欲しいなら少しつまらない家に感じるかもしれないな。賃貸アパートよりは住環境のレベルアップを望めるのは間違いないから。家賃払ってるくらいなら、飯田で家を買ってしまうのも有りだとは思う。

  • 家のクオリティは高くないかもしれないけど、私達一家は納得した上で飯田産業でマイホームを建てました。夫が住宅ローンを重荷に感じてしまう人だったので、夫婦共働きで協力して15年返済計画を立てて、現在それを実行中です。住宅ローンもゴールが見えているので、そんなに重荷じゃないですし、無事住宅ローンの返済が終わったら、海外旅行に行きまくる予定です(笑)。飯田産業のようなローコスト住宅でも、今は長寿命を考えて造られているので、長く暮らせると思いますよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。