イシンホームで新築マイホームを建てた人のブログまとめ

イシンホームキャプチャ

イシンホームを検討中の人に読んでほしい参考ブログ

イシンホームの会社概要

社名 株式会社イシン住宅研究所
本社所在地 岡山県津山市二宮654-4
設立 1990年5月
累積建築戸数 太陽光発電搭載住宅1万棟以上
代表者 代表取締役社長:石原 宏明
資本金 1億6500万円(※2019年4月1日現在)
従業員数 200名(単体・2019年4月1日現在)
事業内容 住宅ボランタリー事業など
売上高 474億円
営業利益 調査中
対応エリア 全国240店舗

イシンホームの特徴

まずはイシンホームの特徴を簡潔にパパっと説明しておきますね!イシンホームは岡山を拠点に全国にフランチャイズ展開していて、平成28年には240店舗を達成しているハウスメーカーです。岡山、香川、広島、大阪に直営店も有ります。年間着工数は約3500棟と規模は大きく、初期費用0円で太陽光発電システムを搭載するなど独自の営業スタイルで着工数を伸ばしています。また他社では有償オプション扱いとなるような豪華な設備や耐震設備も全てコミコミ価格で販売する事でお得感のある注文住宅で人気を得ています。イシンホームは具体的にどんな設備が揃っていて、どんな性能の家なのか、また本当に価格はお得なのか、みなさんが気になりそうな要点をブログ主の調べた範疇ですが書いていきます。

初期費用0円の太陽光発電 ゼロセッチ住宅

イシンホーム最大の特徴は「初期費用0円」で設置可能な太陽光発電システムです。太陽光発電のリース制度を活用して、売電開始から10年間は売電収入でソーラー設備のリース料そ支払い、リース料を完済した10年後からはソーラー設備と売電収入が施主が受け取れるというシステムです。これを利用すれば計算上は11年目~20年目迄で約560万円以上の売電収入を見込めるそうです。つまりイシンホームで本体価格2500万円の家を建てた場合、実質560万円引きの1940万円で購入出来る計算が出来てしまう訳ですね。但し、太陽光発電の売電価格は年々下がっていますので、想定通りの収入が得られる可能性は低そうです。太陽光発電のパワーコンディショナ自体が耐用年数10年と言われていますので、メンテナンス費用も考慮すべきかもしれません。

全てコミコミ 標準フル装備の家

イシンホームでは他社では有料オプションとなるような豪華な設備も全てコミコミの標準仕様として販売しています。例えば樹脂サッシや1階の無垢材の床、一体型浄水器なども全て標準仕様。エコキュートやカーテン、カーテンレールに全室のLED照明までもが標準仕様です。またイシンホームでは女性の社会進出時代に合わせた「家事が1/2になる家」を提案しています。「お風呂の自動洗浄ロボット」や「トイレの自動洗浄ロボット」など、家事の時短に繋がるアイテムも採用する事が出来ます。

減震ブレーキ工法も標準搭載

イシンホームでは在来工法に木質パネルや耐震金物を組み合わせた「モノコック構造」を採用しています。6面体で建物を支える構造で、新幹線や航空機などでも採用されていますので外力に強いのが特徴。また、イシンホームで採用されている耐力壁は壁量3.0倍と効果も高いので、優れた耐震性能に期待出来ます。他にも、イシンホームでは減震摩擦工法を2013年に追加しています。この技術は基礎と構造躯体の間に「減震ブレーキ」を入れる事で、地震の揺れを免れる効果に期待が出来ます。これは「免震工法」に近い技術で、他社でオプションとして導入すれば数百万円クラス掛かる事が予想されます。それをイシンホームでは標準採用としています。お得ですよね。

住宅ローンの負担を実質軽減出来る?

イシンホームの坪単価を調べると、1坪あたり45万円~60万円が平均価格のようです。
ローコスト住宅の括りで考えると、価格は少し高めに感じるかもしれませんが、イシンホームは標準で豪華設備が備わっていますので、余程拘らない限りは標準仕様のままでも十分快適に暮らす事が出来ると思います。
また、ゼロセッチで太陽発電システムを初期費用0円で導入出来る点も大きな魅力です。太陽光の売電価格は年々下がっていますが、それでも住宅ローンの負担を軽減させる効果にも期待出来るかもしれません。

「イシンホーム」と、人気のハウスメーカーを無料カタログで性能比較しよう!

イシンホームで新築マイホームを建てた人のブログ

ここからは、リアルにイシンホームで新築マイホームを建てた人のブログを紹介していきます。イシンホームと契約した人のブログの中には、凄く満足している人もいれば、不満をブログに書いている人もいます。当ブログでは、できるだけ中立的・客観的にそれらのブログを見て、イシンホームのメリットもデメリットも知ってもらえたらと思っています。また、イシンホームで新築マイホームを建てた人のブログはあくまでもそのブロガーさん個人の意見です。実体験として貴重な情報源ではありますが、それが全てだと思わずに参考程度にして下さい。

イシンホームでマイホーム

イシンホームで念願のマイホーム。計画から建てるまでや住み心地、イシンホームについて思いつくまま書いていきます
イシンホームでマイホーム

イシンホームでマイホーム

こちらのブログ主様が購入された分譲地は全部で10区画あったそうで、その内4区画がイシンホームで新築されたそうです。やはり一番大きい恩恵は「太陽光発電による売電収入」で、一番良い時期は終わってしまったものの、住宅ローンの負担軽減に大いに役立っているようです。大手ハウスメーカーのような質感は無くても、毎月の売電収入があれば不満なんか吹き飛ばしてくれるという意見には「なるほどなぁ…」と感じます。実質数百万円割引きで家を買えるようなものですからね。イシンホームと言えば太陽光発電、その実態を知る事の出来る希少なブログだと思います。😍😍😍

イシンホームで建てました♪

イシンホームで家建てました!立つまでの経緯や住んでからの住み心地とか感想などまとめていきます

イシンホームで建てました♪

イシンホームで建てました♪

イシンホームで新築されたブログ主様が様々なカテゴリーで住み心地や感想などをまとめたブログ内容になっています。「イシンホームの売電収入」や「イシンホームの落とし穴」、そしてネット上で噂される「イシンホームの宗教がらみの話😱」まで。イシンホームを検討する上で気になる項目を多く取り上げてくれています💦。特に興味深かったのが「イシンホームで気にいってないところ」を赤裸々に書かれている内容です。こちらのブログ主様は客観的にマイホームの事、イシンホームの事をジャッジされていますので、これからイシンホームを検討する方にとって、とても参考になる話が多いと思いますよ。

ハリネズミとイシンホーム

30代夫婦とハリネズミ♀がイシンホームで家を建てる記録
ハリネズミとイシンホーム

ハリネズミとイシンホーム

こちらのブログ主様は、イシンホームでキッチンの前に中庭(テラス)のある家を新築されています。画像豊富にマイホームを紹介されていますので、間取りのアイデアや採用したい住宅設備など、様々な部分でとても参考になると思います。尚、完成後だけではなく、基礎工事や断熱材の施工の様子も掲載されているので、家の中身(基礎や断熱工法など)を知りたい方にとっても必見のブログだと思います👍。

イシンホームブログの評判まとめ

イシンホームは太陽光発電の売電収入をウリにしたゼロセッチ住宅で販売数を拡大し、太陽光発電搭載住宅の供給実績は西日本を中心に1万棟を突破しています。イシンホームと言えば太陽光発電を連想する方も多いのではないでしょうか🏡。

但し、太陽光発電の売電価格に関しては年々下がっていて、例えば2009年の売電価格が「48円/KW」だったのに対して、2019年は「24円/KW」と半額になっています。今後も売電価格は下がって行く事が予想されていますので、イシンホームの「初期費用0円で560万円の売電収入」を額面通り受けとる事は出来ません。また太陽光発電があると固定資産税が高くなる点も考慮すべきでしょう。

かつては経済産業省資源エネルギー庁が再生可能エネルギー普及促進の奨励策として、国や自治体から補助金が出ていましたが、現在は既に打ち切られています。また太陽光発電のパワーコンディショナ自体が耐用年数10年と言われていますので、メンテナンス費用も考慮すべきでしょう。以上の事を考えると、イシンホームのゼロセッチは「良い時期は既に終わった」と感じてしまう方も多いと思います。

勿論、太陽光発電以外の部分でもイシンホームには魅力があって、例えば他社では高額オプションとなる住宅設備が標準仕様として採用されている点が挙げられます。他社で同等の住宅設備を採用した時に比べて、最大で500万円もコストカット出来るとされています。ですがイシンホームに付いている豪華設備が本当に必要なものなのか?は考慮すべきかもしれません。必要の無い設備が付いて、その分価格が上乗せされてしまっているのなら、逆に高く付く可能性もあります。その辺りをどう判断するかで、イシンホームの注文住宅の評価は大きく分かれるのではないでしょうか。

またイシンホームはアフターサービスが手薄な点も気になります。引き渡しから10年間の初期保証を設けていますが、これは法律で定められた最低限ですし、保証延長制度は取り扱っていません。全国展開しているハウスメーカーとしては最低レベルの保証内容なので、今後の改善に期待したいところです💦。

イシンホームで新築するメリット
・ゼロセッチで太陽光発電の初期費用が0円
・豪華な設備が標準仕様
・減震ブレーキ工法が標準仕様
イシンホームで新築するデメリット
・売電価格が下がっている
・余剰な設備があると逆に高くつく
・保証アフターサービスが最低レベル

家を建てると決めたら、まずはハウスメーカー比較から!

新築一戸建てなら無料でカタログ一括請求!

建物価格から探す注文住宅

一生に一度の夢のマイホーム。折角建てるなら住宅性能の高い注文住宅メーカーのカタログを無料一括請求して比較しましょう!高級高性能なマイホームからローコスト住宅まで、あなたが最適な新築マイホームを手に入れるための第一歩がカタログ比較です!

(株)LIFULLは東証1部上場企業で、カタログ提供会社の1社1社を審査しています。悪質なハウスメーカーや工務店、施工会社はLIFULL HOME’Sへ掲載が出来ません。新築マイホームを建てるなら、信頼と実績のあるハウスメーカー及び施工会社に依頼するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です